終活をはじめる人に必要な情報をお届けします!

終活いつから準備する?

カマンベールチーズでアルツハイマー病予防?!

更新日:

KIRINの研究成果をまとめた論文がアメリカの科学誌「PLoS ONE」に掲載されました。

小岩井乳業社および東京大学大学院農学生命科学研究科との共同研究により、カマンベールチーズの摂取がアルツハイマー病の予防に効果があることをモデルマウスで確認し、さらに、カマンベールチーズの中から2つの有効成分を発見したのです。

(KIRIN 研究・技術開発レポート)

 

今日はキリンビールから研究発表された「カマンベールチーズにアルツハイマー病予防に有効な成分を発見」についてお伝えしたいと思います!

 

ミクログリアを元気に!

ミクログリア

アルツハイマー病は認知症ののひとつです。

 

認知機能の低下はアミロイドβ(ベータ)などの老廃物が加齢とともに脳内に蓄積することが原因とされています。

通常はミクログリアという免疫細胞がアミロイドβなどの老廃物を除去してくれるので、記憶や認知機能に問題が起きることはありませんが、ミクログリアの活動容量を超える老廃物が沈着すると神経細胞のニューロンが機能不全になり認知機能が維持できなくなってしまいます。

脳内のお掃除細胞「ミクログリア」

ミクログリア

ミクログリアは脳内にある唯一の免疫細胞で、老廃物の除去以外にも脳内にウィルスが侵入したときの生体防御や神経細胞の代謝促進、情報伝達に必要なシナプスの伸ばすといった機能があり「脳内のお掃除細胞」と言われています。

そのミクログリアですが、活動容量を超える老廃物の除去をし続けると細胞が暴走して炎症状態になり、免疫機能が正常な働きをしなくなってしまします。

 

KIRINは「ミクログリアを暴走させることなく活性化させる有効成分を見つけることができれば認知症予防につながるのではないか」と研究を始めたそうです。

発酵乳製品は認知症に効果あり!

チーズのサンプル

研究チームによると、近年「発酵乳製品を食べる習慣がある人は老後の認知機能が高い。という疫学的な報告が国内外でなされていた」そうです。

その報告から発酵乳製品のチーズを研究対象に選び、市販されている10種類以上のチーズでミクログリアへの効果を比較したところ、白カビで発酵させたカマンベールチーズやでミクログリアの過剰な炎症状態を緩和する作用が認められ、原料には含まれない何らかの有効成分がカビによる発酵過程で生じている可能性を突き止めました。

 

2つの有効成分を発見

カマンベールチーズ抽出物の分析

カマンベールチーズに含まれる有効成分がなにかに焦点を当てた研究の結果、オレイン酸アミドデヒドロエルゴステロールを有効成分として発見したそうです。

 

カマンベールチーズのアルツハイマー病予防効果

マウスを使った実験ではカマンベールチーズが含まれるエサを3カ月間与え、脳内の老廃物アミロイドβの量や炎症状態を調べた結果、カマンベールチーズが含まれるエサを食べた被験食群は、通常のエサを食べた対照食群にくらべてアミロイドβの低下が見られました。

まとめ

「カマンベールチーズでアルツハイマー病予防」いかがでしたでしょうか?

 

認知症の予防にはいろんな研究成果などが発表されていますので、「終活の相談窓口」では今後もこのような内容をお知らせしていきたいと思います。

 

発酵乳製品を食べる習慣がある人は老後の認知機能が高いというのは知らなかったのですが、腸活でも発酵食品が注目されていましたので、発酵している食べものは全般的に健康に良いのかも知れないですね。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!

Copyright© 終活いつから準備する? , 2019 All Rights Reserved.