終活をはじめる人に必要な情報をお届けします!

終活いつから準備する?

自分が死んだあと、パソコンを見られても大丈夫ですか?

更新日:

最近、写真の整理などで故人のパソコンをみたいという相談がふえています。

不慮の事故で死んだとき、あなたのパソコンは家族にみられても大丈夫ですか?

「パスワードを設定しているから大丈夫」という人もいますが、パスワードは解析ソフトや専門の業者にお願いすれば解除できます。

もしパソコンに見られたくないデータが入っているのであれば、元気なうちに対策しておきましょう!

そんな不安をかかえているひとに、今日はパソコンのデータを時限式で消去してくれる「データ・タイム・シュレッダー」を紹介します。

データ・タイム・シュレッダーって?

今日紹介する「データ・タイム・シュレッダー」は、5月26日に発売されるデータ消去ソフトです。

 

 

内緒にしているエッチな動画や不倫の写真、ひとに言えない趣味のSNSアカウントなど、隠しておきたい秘密は少なからずあると思います。

死んだあとで家族に見つからないように、自分だけの秘密金庫を用意しましょう。

パソコンにデータを残している人には、「もしも」のときにデータをけしてくれるソフトもあります。

 

3つの特徴

隠れています

フォルダに保管したデータは本人しか見ることができません。
隠しておきたいデータはすべてフォルダに入れておきましょう。

自動的に消えます

フォルダは1週間から3年まで7タイプが用意されています。
データの内容に合わせてフォルダを使い分けましょう。

完全に消滅します

消去しただけのデータは復元ソフトをつかえば戻せます。
データ・タイム・シュレッダーでは専用のソフトで完全にデータを消滅します。

 

 

使いかた

 

製品は2種類あります。

どちらとも外付けのHDDライプですが、据え置き型と持ち運びできるポータブルタイプになります。

容量はポータブルでも1TBあるので、写真や動画も楽に保存できます。

使いかたは、見られたくないデータをフォルダに入れるだけ。

むずかしい設定などがないので、すぐに使えます。

 

動作環境はWindows7以上で、CPUはCore2,メモリ4GB、HDD20GB以上とありますが、よほど古いパソコンでなければ問題ありません。

I・Oデータから家電量販店などで販売される予定です。

発売記念として記念モデルには、1ライセンスおまけがつくみたいですね。

2週間のお試し版もあるので、ちょっと必要かな?と思ったひとは試してみてください。

まとめ

「データ・タイム・シュレッダー」いかがでしたでしょうか。

デジタル終活を考えるうえで、パソコンに保管しているデータをどうするかは最優先事項です。

これからもデジタル終活に役立つサービスを紹介していきたいと思います。

今日も最後までお付きあいいただきありがとうございました!

Copyright© 終活いつから準備する? , 2019 All Rights Reserved.