終活をはじめる人に必要な情報をお届けします!

終活いつから準備する?

芝びしゃもん浄苑に行ってきました。

更新日:

先週末、春の彼岸にあわせて都内の樹木葬墓地を見学に行きました。

今日はそのなかの一つ、浜松町駅近くの芝びしゃもん浄苑を紹介させていただきます。

 

★樹木葬って何?という人はこちらの記事をご覧ください。

芝びしゃもん浄苑

芝びしゃもん浄苑は、浜松町駅から第一京浜に出て南へ少し下ったところにあります。

正門の横に看板が出ていました。境内にはペット霊園もあります。

個人墓は芝生の中に正方形のプレートで区画されています。

中央の玉の下が合祀墓の納骨場所になります。

 

費用について

お墓のタイプは全部で3つあります。お墓の利用期間や埋葬方法によって費用が違います。

  1. 合祀墓(1人)・・・40万円、年間管理料3,000円
  2. 1人のお墓・・・50万円~、年間管理料3,000円
  3. 2人のお墓・・・95万円~、年間管理料3,000円

他には埋葬時の布施3万円や、埋葬作業量1万円など諸経費が掛かります。

初回の埋葬を行うまで、年間3,000円の管理料が必要です。

アクセス


電車をご利用の場合
JR山手線・京浜東北線「浜松町」よりから徒歩約8分
都営浅草線・大江戸線「大門」より徒歩約8分

まとめ

「芝びしゃもん浄苑」いかがでしたでしょうか?

浜松町駅から徒歩8分ほどの距離なのでアクセスがいいですね。

こちらのお寺は1602年に開山された日蓮宗の寺院で守護神は毘沙門天になります。

江戸時代には毘沙門様の御利益を求めて江戸中から参拝者が集まったことから「江戸三大毘沙門」の一つに数えられました。

毎年、正月と5月、9月の初寅におこなわれる御尊像の御開帳とご祈祷の日には、参拝者で賑わうそうです。

墓地は寺院の境内にありますが、檀家墓地ではないので寄付や行事等への強制がなく、埋葬から一定の期間の後は合祀され永代供養されるのでお墓の承継で悩むこともないですね。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!

Copyright© 終活いつから準備する? , 2019 All Rights Reserved.